下川町農村活性化センターは、廃校した下川町立上名寄小学校校舎を改修し、平成16年12月にオープンしました。

農林業振興の拠点として、農産物加工研究室や土壌分析機器などを備え、また農業情報の発信や営農相談、新規就農希望者の窓口などの役割を担います。
また、体育館・多目的ホール・大小7つの研修室・調理実習室・浴室などを活用し都市山村交流の場として、あるいはスポーツ、研修会、合宿など、さまざまな用途に活用できる施設です。
施設の愛称は です。たくさんの町民公募の中から選ばれました。
『おうる』とは、英語で ふくろう という意味であり、森林の町のイメージにつながることやギリシャでは農業の神様になっていることから「下川町の農林業が大きく発展するよう」願いをこめて愛称をつけました。
←下川町在住の方が、
 愛称にちなんだふく
 ろうのおきものを作
 成し、寄贈してくれ
 ました。当施設の玄
 関で、出迎えてくれ
 ます。

        
下川町への詳しいアクセスは〔こちら〕から